収蔵品

姜彛五肖像

  • 時代

    朝鮮

  • 素材

    糸織 - 絹

  • 作家

    李在寬(1783-1838)

  • 規模

    63.9x40.3cm

  • 国宝/宝物

    宝物1485号

  • 番号

    徳寿 3070

リスト

李在寛(字は元綱、号は小塘)は朝鮮後期の宮中に所属した画家で、山水、人物、肖像などを得意とし、1838年に太祖の肖像を描いた功で官職が登山僉使にまで上がった。
 本図の上部中央には“若山眞影小塘寫”と書かれており、姜彛五(1788~?)を描いた肖像画であることがわかる。姜彛五は朝鮮後期の文人画家で、正祖年間に芸壇の総帥格であった姜世晃の孫である。彼は武科に及第し、官職はそれほど高くなく、郡守を務めたが、文人画家としてはかなり技量があったようである。『石友忘年録』には梅花と山水図に優れていたと記録されている。上半身の肖像である本図の右上には、当時鑑識眼の高かった金正喜が付け加えた文と印が押されている。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)