• 世界文化館 日本室
    日本室
    • 位置

      高丽I的展览以高丽王朝的都城开京和地方的文化、

      영상관1은 1F 중앙에서 고려2실 안쪽에 위치해 있습니다.

    展示室の紹介

      • 戦士から統治者へ。
        日本文化と芸術の後援者、「武士」

      • 再開館:2021年1月25日(月)

      • 平安時代、貴族の雇われ人に過ぎなかった武士は、 武力を必要とする情勢を追い風に中央朝廷における影響力を拡大する一方、次第に勢力を広げ幕府体制を樹立することで、支配階級となりました。
      • しかし、武士たちは武力だけを前面に出した支配者ではありませんでした。日本の文化と芸術を後援し、各時代を代表する文化思潮の形成においても中核的な役割を果たしました。以前の支配階級だった貴族たちと異なる独特の美意識で伝統芸能や茶道、絵画、工芸、陶磁器などの分野で、独自の芸術を創り出しました。これは武士が「戦士」から「統治者」へと、アイデンティティーを変化させる過程で生まれたものであります。
        世界文化館の日本室は、文化と芸術の発展に貢献した武士の新しい断面に焦点を当てた展示を行います。刀や鎧など武士を象徴する武具と共に、武士階級の公式の芸能だった「能」、貴族階級とは異なる武士の美学が投影された「茶道」、支配権力を誇示するための手段として首都京都を描いた美しい屏風、武士階級の女性が婚礼を挙げる際に持参する「蒔絵の婚礼道具」、そして大名が徳川将軍に捧げるために作った高級磁器「鍋島」を展示します。

        刀を持った戦士であると同時に、教養を備えた文化人であり統治者であった武士を理解することは、近くて遠い隣国である日本を正しく理解する第一歩になるでしょう。

      ビデオ

       

      国立中央博物館 世界文化館 日本室 リニューアルオープン

      日本の歴史の流れ

      能楽

      蒔絵 紹介

      国立中央博物館所蔵 長門澤瀉唐草蒔繪女乘物 紹介

      世界文化館 日本室「源氏物語画帖」デジタルブック 紹介

      世界文化館 日本室 「東海道53次」デジタルブック 紹介