博物館の紹介

「肖像画の秘密」展
Date2011-09-29 Hit4192

「肖像画の秘密」展



会期:2011.9.27(火)~ 2011-11-06(日)

会場:国立中央博物館 企画展示室

○展示作品:アジアおよびヨーロッパの肖像画を含む、「太祖(テジョ)御眞」など朝鮮時代の遺物を中心とした約200点

 


国立中央博物館は、9月27日(火)より企画特別展「肖像画の秘密」を開催します。肖像画をテーマにした国立中央博物館の展示は、1979年以来32年ぶりに開かれるもので、これまでに開かれた韓国内の肖像画展のうち最大規模の計200点に及ぶ作品が展示されます。有名な太祖御眞、尹斗緖(ユン・ドゥソ)自画像、徐直修(ソ・ジクス)肖像など、朝鮮時代の肖像画を中心に、中国や日本、ヨーロッパの肖像画が紹介されています。


第1部「天と地」、2部「仁義礼智」は、肖像画発展の中心地だった王室の支配者の姿と君臣関係、士大夫(貴族階級)家庭の公式肖像画を観察し、3部「自我と日常」は、個人の自我意識と個性が反映された日常生活の中の肖像画を、4部「新しい目、写真」は写真の導入とそれによる肖像画が衰退していく姿を見ていきます。

 

特に今回の展示では、朝鮮時代最高の肖像画に挙げられる李命基(イ・ミョンギ)が顔を描いた「徐直修肖像」と、バロックの巨匠ピーテル・パウル・ルーベンスが描いた韓国人の肖像が比較でき、抄本と正本を通じて肖像画の制作過程を観察し、X線、赤外線撮影で分かるようになった絵の下の別の絵の実体を表わすなど、肖像画を多角的に調べる興味深い機会となるでしょう。


わずかな誤差も許されない形状の真実性を通じて、内面の魂と人格まで明らかにしようとした朝鮮の肖像画は、11月6日(日)まで展示されます。

  


 

詳細ページへ

 

File

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)