• 寄贈館 金宗学(キムジョンハク)室
    金宗学(キムジョンハク)室

    展示室の紹介

      • 金宗学(1937~)先生は洋画家で、1937年平安北道の宣川生まれです。 1989年、長年収集してきた約300点の作品を国立中央博物館に寄贈しました。金宗学の寄贈品およそ300点は主に朝鮮時代の木漆工芸品であり、女性の生活空間で使われる道具のほか、童子像や巫神堂で使われた木製人形などの宗教·儀礼用品に大きく区分されます。