• 寄贈館 朴秉來(パクビョンネ)室
    朴秉來(パクビョンネ)室

    主要收藏

    展示室の紹介

      • 水晶・朴秉來先生(1903-1974)は、多くの人々に幅広く仁徳を施した医師でした。先生は1920年代から半世紀の間、韓国の陶磁器を収集しました。1974年3月、先生は収集した陶磁器の中から選別した362点を国立中央博物館に寄贈しました。
      • 朴秉來先生の寄贈文化財の中では、清華白磁が最も多くを占めています。ほとんどが18-19世紀の官窯である京畿道·広州·金舎利と盆唐里の窯から作られたものです。重要文化財(第1058号)「白磁青華草花文瓢形瓶」は、八角壺と瓶を組み合わせた瓢箪形の珍しい名品として挙げられます。