• 寄贈館 李洪根(イホングン)室
    李洪根(イホングン)室
    • 位置

      高丽I的展览以高丽王朝的都城开京和地方的文化、

      영상관1은 1F 중앙에서 고려2실 안쪽에 위치해 있습니다.

    展示室の紹介

      • 東垣李洪根(1900~1980)氏が寄贈した4,941点の文化財のうち、主な作品が展示されている。事業家として成功した李洪根氏は文化愛好家であった。韓国初の企業美術館である東垣美術館を設立して文化財を体系的に保存し、国民との共有に努めた。1980年の死後、家族は氏の遺志を継ぎ、コレクションのすべてを国家に寄贈した。
      • 李洪根氏が寄贈した文化財は、韓国の土器、瓦、金属工芸、陶磁器、書画、仏教彫刻、歴史資料など多岐にわたり、中国や日本の文化財も含まれている。とりわけ陶磁器は、青磁と粉青沙器、白磁にいたるまで韓国の陶磁器の変遷をうかがえるほど、種類豊富で高い美的水準を誇っている。宝物第1067号<粉青沙器蓮華唐草文瓶>は、上品な形に白黒の象嵌でさまざまな文様を表現した作品として、この寄贈室を代表する作品となっている。