収蔵品

収蔵品データベース

青白磁香立て

  • 時代

  • 出土址(詳細)

    新安郡

  • 素材

    陶磁器 - 青白磁

  • 規模

    高12.6、口径3.5、底径6.3, 4.5

  • 番号

    新安 2087

リスト

  瓶の下に台座がつく特異な形である。瓶の口縁は外側にひろがっており、頸が長く、肩とつながっている部分にはS字形の耳が付いている。
台座には四ヶ所、上端は半円、下端は偏平な形の穴があり、台座の裾には唐草文を表わしている。畳付を除いた全面には青白釉が施されている。
このような小さい瓶、又は香立ては、新安引揚品に多数含まれており、褐色の斑点文があるものも見られる。又、このような香立てはフィリッピンでも多く出土している

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)