収蔵品

金冠· 金製帯金具

  • 時代

    新羅5世紀

  • 出土址(詳細)

    慶尚北道慶州市皇南洞南大塚北墳

  • 素材 / 規模

    高(冠)27.3cm, 長(腰帯)120.0cm

  • 国宝191号 (冠) 国宝192号 (腰带)

リスト

金冠は、王族の力と権威を象徴します。この金冠と金製腰帯は、皇南大塚の北墳から出土しました。金冠を飾る3段の木枝形装飾と、2つの鹿角形装飾は、金製の鋲で冠帯の内側に留められています。冠帯の上下の縁には、2本の連続した点文と、1本の波状文が刻まれており、その間には多くの勾玉がつけられています。出土した当時、冠帯の前面には6つの太環耳飾がつけられていました。金製腰帯には、薬筒、魚、砥石、ピンセット、勾玉、小刀などが吊り下げられています。砥石とピンセットは、鉄器製作に用いられた道具で、薬筒は病気の治療と関係しています。勾玉は生命を、魚は食糧を象徴します。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)