収蔵品

甲冑

  • 時代

    伽倻5世紀

  • 出土址(詳細)

    高霊郡池山洞32号墓

  • 素材 / 規模

    高(甲)40.6cm

リスト

高霊・池山洞(コリョン・チサンドン)32号墓から出土した甲と冑です。甲は数枚の横長の板をつなげ、身体の曲線に合わせて作られています。横長の板は幅の広いものと狭いものがあり、これらを鋲留めして作られています。冑は、桃の種のような形をしており、後部には、首を保護する長い鉄板がつけられています。肩を保護する甲も出土しており、大加耶の板甲の精粋をみることができます。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)