収蔵品

半跏思惟像

  • 時代

    三国6世紀後半

  • 素材 / 規模

    高83.2cm

  • 国宝78号

リスト

太陽と三日月が表現された華やかな宝冠は、日月式宝冠とも呼ばれます。身体の曲線は弾力的で、衣の裾は流麗な線を描きつつ、身体を包み込んでいます。前傾した上半身、ややうつむいた頭、長く伸びた腕の比例は非写実的ですが、理想的な思惟の姿を創りあげた製作者の技によって自然な印象を与えます。同作品は1m近くありますが、銅の厚さがたったの3~8mmであり、極めて高度な鋳造技術によって製作されたことが分かります。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)