収蔵品

白磁青画梅鳥竹文壷

  • 時代

    朝鮮15世紀後半~16世紀前半

  • 素材 / 規模

    高 16.5cm

  • 国宝170号

リスト

青画(コバルト)顔料を用いて梅、竹、鳥を描いた白磁。 朝鮮青画白磁の初期にみられた中国的な華やかさはしだいになくなり、朝鮮的な情趣をかもしたす文様が登場する。中央の文様は、青画顔料の色合いが濃く強いが、蓋や下部、口緣の周辺は意図的に淡くし、立体感と事実性を高めている。コバルト顔料は当時、非常に高価であり、白磁に絵を描く作業は、画員(宮廷画家)の役割であった。朝鮮時代前期にはこのように優雅で洗練された青画白磁が多い。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)