収蔵品

猛虎図

  • 時代

    朝鮮 18世紀

  • 作家

    作家未詳

  • 素材 / 規模

    96.0 × 55.1cm

リスト

虎は、古くから邪気をはらう目的で描かれた題材です。虎は、多く松や竹、鵲などと共に描かれますが、同作品では背景が省略され、虎のみが画面いっぱいに描かれています。内側にすっきりと丸められた尾、鋭い目と表情、大地を踏みしめる足の動きからくる緊張感は、画家の優れた技量をうかがわせます。細い線で描かれた繊細かつ緻密な描写は、朝鮮時代後期の動物画の特徴です。右上には、猛虎の気性を詠んだ七言詩があります。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)