過去 特別
歲寒(セハン), 平安(ピョンアン)
  • 展示空間

  • 展示期間

    11월-24-2020 ~ 4월-04-2021

  • 共有

    페이스북 트위터 구글

人生の苦

常に手のくところにあります

寒くもかくもあり、悲しくも嬉しくもあり、

苦しくもやかで、憎くも愛おしくもあります。

 

ここで二つの作品を紹介します。

 

歲寒(セハン)

冬の寒さを耐えく松柏の心

苦しい瞬間に打ち勝つ一筋の希望が描かれています。

 

平安(ピョンアン)

春の日、平安監司として第一を踏み出す幸せの瞬間。

百姓たちのためにく。胸にそう誓います。

 

先人たちは粘りく苦しい時代を耐えきました。

つらい日いても、春の訪れのように幸せがきっとやってくる。

今も昔も、人生とはそういうものです。