• ヨルリンマダン

    平常展示館へ入るためには必ず通る場所です。韓国伝統家屋である韓屋の「マル(板の間)」から設計されました。屋根はありますが、前後の壁がなく、光と影が調和し、独特な雰囲気が漂っています。様々な公演や文化イベントが行われています。

  • ミル滝

    「ミル」とは、「龍」という意味の韓国固有語です。博物館の所在する「龍山」という地名に因んでいます。「ミル滝」、「ミル池」、「ミル橋」のある博物館の庭園は、韓国伝統造園の理念が窺えるよう、作られています。

  • サルスベリ池

    「ミル滝」の流れが「ミル池」を経て、サルスベリ池に流れ込んでいきます。横にある橋は、「ナドゥル橋」です。

  • 伝統染料植物園

    韓国の祖先によりますと、様々な種類の植物から美しい色の原料が得られました。伝統染料植物園では、祖先の知恵が窺える様々な染料植物が一覧できます。

  • コウルモッ(鏡池)

    博物館の建物が大きな池に映るということで名づけられました。コウルモッ(鏡池)は山や水の調和を大切にした韓国伝統造園の理念を反映して作られました。

  • 石造物庭園

    石造りの遺物が見られる屋外庭園です。宝物第2号の「普信閣鐘」、国宝第100号の「南渓院七重石塔」などが展示されており、統一新羅時代から朝鮮時代までの石塔や石仏などを比較・鑑賞することができます。

  • 青磁亭

    2009年、韓国博物館開館100周年を記念し、コウルモッ(鏡池)敷地に建てられました。屋根の瓦は高麗青磁(12世紀)を復元したものです。