博物館の紹介

国立中央博物館、アジア・ヨーロッパ・ミュージアム・ネットワーク(ASEMUS)の議長機関に選定
Date2011-10-18 Hit3678

立中央博物館(館長金英那(キム・ヨンナ))は、2011108、スウェーデンのストックホルム国立東アジア博物館で開催されたアジア・ヨーロッパ・ミュージアム・ネットワーク(ASEMUS)の執行委員会会議において、20112014年の議長機関に選定された。

 

20109月、ASEMUSの慣例により着任の一年前、すでに執行委員会議長機関に選ばれていた立中央博物館は、元議長機関の「ケ・ブランリ美術館」(フランス国立人類学博物館)に続き、201110月から201410月までの3年間、公式議長機関として活動することになった。

 

ASEMUSはアジアと欧州の博物館・美術館が文化交流により、両大陸の相互理解の増進を目的とし、33カ国78の博物館・美術館が加入している。

 

立中央博物館金英那(キム・ヨンナ)館長は就任辞の中で「アジアとヨーロッパの博物館・美術館との交流を拡大するため、博物館教育プログラムを開発し、情報通信技術を取り入れ、博物館・美術館の人々の交流に重点を置き、ASEMUSを導いていく計画」だと述べた。そのために、立中央博物館では2012年の中心事業として博物館教育関連国際セミナを開催し、ASEMUS2012世界総会およびASEMUSが運営しているVCM(Virtual Collection of Masterpieces、仮想名作博物館)2012年の理事会も立中央博物館で開催する計画である

 

また、韓国の進んだ情報技術力に基づき、国際博物館界における役割を忠実に果たすため、韓国最大のインターネットポータル企業の㈱NHNVCMウェブサイト運営の公式パートナとして積極的に参加するなど、国際協力を惜しまないと話した。

 

 

 

<ASEMUS執行委員会会議>

File

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)