展示

各展示室をクリックすると、その展示室のページに移動します。

展示館概要
各時代の特徴的な展示品を通して、韓国文化の起源と展開過程が見られる空間です。旧石器時代から統一新羅、渤海時代に至るまで、先史と古代の時間が感じられる11つの展示室でおよそ1万点の展示品に出会えます。

展示館の規模 3,284.00㎡

主な遺物

展示室の紹介

  • は古朝鮮(108 BCE)の崩壊後、朝鮮半島は地元領土の数の間で分割されました。扶余(2 BCE-494 CE)と高句麗(37 BCE-668 CE)は半島の中央部を構成Samhan、によって制御しながら、また、北部地域を占め沃沮とワイ人で、中国に近い東北エリアを支配マハン、Jinhan、およびByeonhanのconfederacies。これらの初期の文明の社会的発展のレベルは、その国力と場所に応じて変化しました。時間が経つにつれて、扶余と高句麗が文化や戦争の両方でその能力をアサートすることによって、古代の状態へと成長しました。マハン、Jinhan、およびByeonhanは百済に統合しながら、様々な紛争の結果、高句麗は、沃沮とワイ人の制御を取った(18 BCE-660 CE)、新羅(57 BCE-676 CE)、及び伽耶(42から562をCE)ます。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)