展示

各展示室をクリックすると、その展示室のページに移動します。

展示館概要
各時代の特徴的な展示品を通して、韓国文化の起源と展開過程が見られる空間です。旧石器時代から統一新羅、渤海時代に至るまで、先史と古代の時間が感じられる11つの展示室でおよそ1万点の展示品に出会えます。

展示館の規模 3,284.00㎡

展示室の紹介

  • 新羅が統一された国民国家を形成するために、百済と高句麗を征服、元山湾に南Daedonggangから伸張領域を占領したときに統一新羅時代(676から935 CE)が始まった
  • 。慶州の首都を整理し、すべての近隣の集落を支配城下町の形をとりました。慶州は南西アジア、中国の唐の時代、日本、徐々に地域に拡散し、首都の高度な文化との活発な交流を通じた国際都市へと成長しました。
  • 統一新羅時代の間に、仏教が社会や文化に大きな変化をもたらしました。火葬は埋葬壷交換墓で、好ましい葬祭手順となり、そのような仏国寺や石窟庵などの主要な仏教のアーキテクチャを確立しました。高句麗と百済の文化を統合することで、統一新羅は、国の文化のための基礎を形成します。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)