展示

各展示室をクリックすると、その展示室のページに移動します。

展示館概要
各時代の特徴的な展示品を通して、韓国文化の起源と展開過程が見られる空間です。旧石器時代から統一新羅、渤海時代に至るまで、先史と古代の時間が感じられる11つの展示室でおよそ1万点の展示品に出会えます。

展示館の規模 3,284.00㎡

展示室の紹介

  • 百済徐々にマハン領域を統合扶余の入植者によって漢江流域に確立されていた百済の国から発信された状態でした。その後、状態は(現時点では扶余)熊津(現在では公州)、およびサビに首都を移しました。これは、独自の文化を栄えます。
  • Hanseon期間(18 BC&ndashする; 475 AD)がオープンし、国際的である百済文化の基盤を確立することによってマークされています。特性は等Seokchon洞墓、Monchontoseong(城)とPungnaptoseong(城)、などの住居サイト熊津時代(475から538)で再確認されている状態を積極的に高度な中国文明を受け入れて現像時間です文化的なパワーに。それは武寧王と中国の南部の王朝との関係を示す出土遺物のロイヤル墓によって推測することができます。オリジナルのプラスチック製の芸術と洗練された手工芸品の技術が十分に開発されたときにサビ時代(538から660)は、百済文化の頂上に達しました。これは百済香炉、精神的な世界の非常に縮図と百済の人々の芸術的能力が行われた時点でます。 <李は>一方、百済文化が早い時期から古代日本に送信され、日本の古代飛鳥時代の形成に影響を与えました。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)