展示

各展示室をクリックすると、その展示室のページに移動します。

展示館概要
各時代の特徴的な展示品を通して、韓国文化の起源と展開過程が見られる空間です。旧石器時代から統一新羅、渤海時代に至るまで、先史と古代の時間が感じられる11つの展示室でおよそ1万点の展示品に出会えます。

展示館の規模 3,284.00㎡

展示室の紹介

  • 高句麗(37 BCE&ndashする;668 CE)はAmnokgang(鴨緑江)の中流に沿って発生しました。近隣の領域を征服することで、王国は、最終的に朝鮮半島の中央部に遼河から、広大な地域を網羅してきました。独自の文化的伝統を維持しながら、高句麗も積極的に中国と同様に、中央と北アジアからの多様な文化を受け入れ。このように、高句麗の文化は、ダイナミックかつ実用的であり、百済(18 BCE&ndashする;660 CE)に多大な影響を与え、新羅(57 BCE&ndashする;676 CE)と伽耶(42から562 CE)、さらにはに海を渡りました日本ます。 高句麗の
  • 墓の壁画には、韓国の国際的に認められた文化遺産の一つです。壁画の最も頻繁なテーマは、毎日の習慣、装飾的なパターン、四方の守護の神々をされているます。
  • 高句麗文化は統一新羅(676から935 CE)と渤海(698から926 CE)に渡され、これにより韓国文化のバックボーンを形成します。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)