展示

各展示室をクリックすると、その展示室のページに移動します。

展示館概要
各時代の特徴的な展示品を通して、韓国文化の起源と展開過程が見られる空間です。旧石器時代から統一新羅、渤海時代に至るまで、先史と古代の時間が感じられる11つの展示室でおよそ1万点の展示品に出会えます。

展示館の規模 3,284.00㎡

展示室の紹介

  • は新石器時代(8000 BCE&ndashの; 1400 BCE)では、人々は氷河期後に変更する自然環境に適応し始めました。期間は土器片や磨製石器ツールの作成、最初の入植地の基盤によってマークされています。これまで、約400の新石器時代の遺跡が住居、墓、貝塚、そしてより多くのの形で、韓国で発見されています。最もよく知られている遺跡は、AMSA洞(ソウル)、烏山里(襄陽、江原道)、およびDongsam洞(プサン)を含みます。
  • は新石器時代の人々が食料や水が最も豊富であった海や川の近くに小屋、ダグアウト建て、彼らは積極的に釣り、狩猟、および野生植物の収集を練習しました。この期間はまた、イタリアの雑穀とキビの栽培と農業の最初の粗形の導入を見ました。磨製石器や骨強化人&rsquoから作られたツールや武器、食料を得るための能力、土器は、食品を保存し、調理するためにそれらを有効にしています。彼らは、織布スレッドまたは動物の皮から作られた服の簡単な形態を身に着けていた、と翡翠、動物の骨、角、およびシェルを用いて自分自身を飾りました。また、彼らは積極的に日本列島、中国東北部の周りのさまざまなグループに従事し、MaritimeProvinceます。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)