展示

各展示室をクリックすると、その展示室のページに移動します。

展示館概要
北側の展示空間は、三次元の造形物が見せる立体美を鑑賞できる空間で、仏教彫刻室、金属工芸室、陶磁工芸室[青磁、粉青沙器、白磁]に分けて700点余りにわたる名品が展示されている。

展示館の規模 2,698.41㎡

展示室の紹介

  • 陶磁器は土、火、人が一つになり作り出される芸術である。釉薬をかけて約1,200度の高温で焼き上げられる磁器は、最高の技術が必要とされる繊細な芸術品で、中国に続いて世界で二番目に高麗時代に作られた。
  • 青磁室では、韓国における初期の青磁から高麗時代末期の干支銘青磁まで時期別に展示されている。そのなかから高麗青磁の特徴である翡色青磁と象嵌青磁を鑑賞できる。それと同時に陰刻・陽刻・透かし彫り・象形・ 鉄絵 ・ 辰砂彩 などのさまざまな技法も紹介されている。指定文化財をはじめとした代表的な展示品を厳選し、高麗青磁の神髄を知ることができる。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)