展示

展示館概要
個人の所蔵品を寄贈され、人類の伝統文化伝承に寄与された方々の尊い思いが込められた800余点の文化財に出会えます。韓国のみではなく、各国の様々な文化が鑑賞でき、11つの展示室で構成されています。

展示館の規模 2,844.62㎡

主な遺物

展示室の紹介

  • 日本人鉢うまだダース(八馬理)先生が1994年9月に国立中央博物館に寄贈した遺物を展示している展示室である。寄贈品は、鉢うまだダース先生の亡父の鉢うまく助(八馬兼介)先生が1920〜30年代に収集した遺物383点で、新羅金銅仏像と百済金のイヤリングをはじめ、青銅器時代から朝鮮までの各時代にわたっている。間石刀とカタパルトなどの古代の武器とイヤリングなどの三国時代の装身具、そして小型仏像と舎利瓶、洗練された細孔の腕前を見せる頭立てなどの様々な装身具などである。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)