展示

展示館概要
個人の所蔵品を寄贈され、人類の伝統文化伝承に寄与された方々の尊い思いが込められた800余点の文化財に出会えます。韓国のみではなく、各国の様々な文化が鑑賞でき、11つの展示室で構成されています。

展示館の規模 2,844.62㎡

展示室の紹介

  • 博士。井内功(井內功、〜1992 1911)、日本の歯科医は、彼の叔父は彼に統一新羅からの動物柄の屋根瓦を与えた子供のような韓国の屋根瓦に興味を持つようになりました。その後、彼は韓国の瓦やレンガを研究し、数多くの論文を発表し、彼の家で井内功古代文化の勉強部屋を作成します。
  • 1987年に、彼は韓国と日本の友好関係を促進することを目的に、韓国国立中央博物館に彼のコレクションから1082屋根瓦やレンガを寄付しました。屋根瓦やレンガはNangnang、三国時代、統一新羅、高麗、朝鮮から、韓国タイルの歴史全体を包含する。このように、氏井内&rsquoの項目; sのコレクションは、韓国の瓦やレンガの全体的な開発を研究するために不可欠な資源です。寄付し多数の項目は統一新羅時代からですが、コレクションはまた、韓国で見つけることが困難であった高句麗とNangnangから多くの珍しい瓦やレンガが含まれます。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)