展示

展示館概要
個人の所蔵品を寄贈され、人類の伝統文化伝承に寄与された方々の尊い思いが込められた800余点の文化財に出会えます。韓国のみではなく、各国の様々な文化が鑑賞でき、11つの展示室で構成されています。

展示館の規模 2,844.62㎡

主な遺物

展示室の紹介

  • 金子室、日本のアジア民族造形文化研究所所長である金(かね)子(こ)量(かず)重(しげ)氏が寄贈したアジア各国の文化財1,035点のなかから代表的作品である80点余りを展示している。金子氏は、過去に日本が韓国から受けた恩恵に応え、21世紀における韓国と日本の友好親善に貢献したいと寄贈を決めた。金子氏は、過去40年以上の間、アジア30余か国を現地調査しながら資料を収集し、寄贈品は、東南アジアの仏像、仏画、経箱など華やかな仏教文化財をはじめ、アジア各地の生活文化が把握できる鉄器、土器、陶磁器、木工芸品、織物など多岐にわたっている。

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)