博物館の紹介

[テーマ展]金冠塚と尒斯智王
Date2014-07-02 Hit7064
国立中央博物館は、1921年に金冠塚から発見された環頭大刀の保存処理により「尒斯智王」という王名を確認しました。今回の発見は、古新羅の墓から王名が確認できた初めての出来事なので、非常に重要な意味を持ちます。今回の展示は、日本の植民地時代、金冠塚の調査の経過を紹介し、「尒斯智王」が銘じられた環頭大刀を、初めて一般公開します。
 
File

ズームイン/アウ

04383 ソウル特別市龍山区西氷庫路137TEL:+82-2-2077-9000 (韓国語・英語)